前処置室はじめました。

前処置室

大腸内視鏡検査のための前処置室を作りました。

大腸内視鏡検査に際し、前処置として1〜1.5リットルの腸管洗浄剤(下剤)を服用する必要があります。

これまでは腸管洗浄剤を待合室の一角もしくはリカバリー室で飲んでいただいていましたが、今後は専用の前処置室を利用していただく事が出来るようになり、他の患者さんの目を気にすることなく腸管洗浄剤を服用していただけます。腸管洗浄剤の服用が済んだら、検査までの時間はこのまま前処置室でお待ちいただく事も可能ですし、待合室でお待ちいただく事も可能です。

看板ができました。

 受診していただいた方のうち何名かの方に、『何度か前を通り過ぎた』とか『バスを降りて反対側に歩いて行ってしまった』という声を頂きました。少し地味な外観の建物で確かにわかりにくかったため、目印となる袖看板を設置しました。

看板 006

稲佐公園・曙町バス停側からの風景です。

看板 004Web用

 

悟真寺・稲佐警察署側からの風景です.

看板 002Web用

 

来週予定の電気工事が済めば、夜は明かりが灯ります。

祝一周年

浮き輪 001

 

おかげさまで.『いなさ内科・胃腸クリニック』として開院しちょうど1年を迎える事ができました.

地域の方にもだんだんと知っていただき,また諫早や大村,五島,島原など比較的遠方からも『内視鏡検査を..』と受診していただいてます.

まだまだ小さなクリニックですが,皆さんに愛され,頼られるクリニックになるよう,これからもがんばっていきたいと思います.

新機種導入

内視鏡システムを最新機種に更新しました.

2012年10月発表・発売のOlympus EVIS LUCERA ELITEです.

長崎県下で病院・医院を含め,納入第一号だそうです.九州でも第二号.

旧機種もHi-Visionで十分高画質ですが,さらなる高画質化とNBI(狭帯域光)モードの改良が行われています.

スコープのデリバリーが送れていてまだ本体部分のみですが,年明け頃のデリバリー開始と同時にスコープも新機種に更新の予定です.

Mac.

隠していたわけではありませんが,Macが好きです.

というか,20年来パソコンはMacしか買ったことがありません.

診察室ではMacProが毎日頑張っています.

システムはSSDにのっかってるので,爆速です.

サーバーももちろんMacProです.

3TB×4のHDDを抱えているので,Dopanet DoctorsのサーバーもOsirixのサーバーもこれ1台で頑張ってくれてます.

ちなみに内視鏡もエコーもCRも,ワークステーション経由でOsirixに飛ばしておけば,電カルからワンクリックで参照できます.コニカミノルタさん,MIUさん,わがまま聞いてくれてありがとう.しかしこの連携は,『Macだからこそ』です.

受付,レセコンも...iMacです.

Appleマークが出迎えてくれます.

処置室は...やっぱりMacBookAirです.

ちなみにこいつは,USB経由で心電計にも早変わりして,かなり頑張り屋さんです.

なので,心電図もペーパーレスです.

院長室は当然Retinaです.

Retinaなのに,クリニックの中ではクラムシェルモードで使ってます.

Macに囲まれて仕事してます.

滑り出し

オープンから約3週間経過し,延べ150人の方が受診されました.

順風満帆とまではいきませんが,なんとか無難な滑り出しでしょうか.

少しずつ近隣の方にも認知していただけているようなので,頑張っていきたいと思います.

デスクの上を片付けられないのは,勤務医時代と変わりません.