週刊誌に掲載されました。

週間ポストに掲載されました。11月27日号です。少し前の号ですので、もう店頭にはありません。

『胃カメラで検診を受けましょう。行くならココよ』という記事なのですが、そのリストに加えて頂いているようです。

どういう理由で選ばれたのかはよくわからないのですが、良いことでの掲載ですからありがたい事です。

FullSizeRender

IMG_0227

IMG_0229

インフルエンザ流行の季節になりました。

 

 

インフルエンザのワクチン接種を実施しています。

今シーズンは例年より早く流行の兆しです。既に東京都、島根県、佐賀県、沖縄県などでの集団発生や学級閉鎖が報道されています。

長崎県内でも定点観測で既に報告が上がっており、青雲中学校で集団感染により学年閉鎖との新聞報道もありました。先週、当院でも早くも今シーズン初のインフルエンザの方が受診されています。

インフルエンザワクチンが十分効果を発揮するのは接種後3〜4週間後といわれています。本格的に流行し始める頃までに免疫を獲得するためには11月中旬頃までには1回目の接種をお勧めします。

13歳〜成人は1回接種、小児(12歳以下)は2回接種が推奨されています。

 

今のところワクチンの在庫は十分に確保してありますので、すぐに接種可能です。気軽にお問い合わせください。

インフルエンザワクチンちらし

風疹ワクチン

風車 001

 

風疹が流行しているそうです。関東で。

風疹ワクチンが市場から消えてしまいました。予想外の流行で、さらにメディアでも取り上げられたことによりワクチンの需要が急激に増えたため、安定供給ができない事を理由にメーカーも出荷を制限しているらしく、入手不能になってしまいました。

クリニックのTop Pageにも記載しているとおり、妊娠初期に感染すると出生児に先天性風疹症候群を発症することがあるため、これから妊娠を希望する女性はもちろん、ご家庭に妊婦さんがいらっしゃる方、これから子どもを考えているご夫婦、カップルにはワクチン接種をお勧めしていた所なのですが。。。

メーカーは増産体制を取っているとのことですが、安定供給されるのは早くても秋頃とのことです。それまでの間にどうしても必要な方については、MRワクチン(麻疹風疹混合ワクチン)の接種が可能です。麻疹と風疹、両方のワクチンが含まれています。麻疹にはかかったことがある、麻疹のワクチンは既に接種したという方にさらに麻疹のワクチンを接種しても、健康面などには全く問題はありませんので、安心して受けていただけますが、費用が少し高くなるのが残念なところです。確認したところ、現時点ではMRワクチンはまだ充分な在庫があるようですが、ないと言われると欲しくなると言うのが大衆の心理なので、今後どうなるかは気になるところです。

写真はHuis Ten Boschの風車です。